部分矯正に適したケースとは

部分矯正は、主に以下のようなケースのかたに、施術方法として適する場合があります。

  1. 前歯だけが歯並びが悪いケース
  2. 軽度の出っ歯なケース
  3. 以前、全体的な歯列矯正していたが、後戻りしてきたケース
  4. 前歯2本のすきっ歯のケース
  5. 軽度のでこぼこケース
  6. 全体的な歯列矯正に時間がとれない方

1.前歯だけが歯並びが悪い

奥歯の咬み合わせに問題がなく、前歯の1本だけが、曲がっている、出ている、引っ込んでいる、…といったケースは部分矯正の適応となる可能性があります。いずれも必要なスペースを装置で作り、動かす歯をスペースに入れ込み並べていきます。

前歯の歯並び術前術後前歯の歯並び
▲右上2番の歯が引っ込んでいる例
ワイヤーで必要なスペースを作っている最中です。

2.軽度の出っ歯なケース

状態にもよりますが、奥歯の咬み合わせに問題がなく、軽度の出っ歯のケースは、部分矯正の対象となる場合があります。

3.全体的な歯列矯正を以前していたが、後戻りしてきた

後戻り

後戻りのケースとして、透明なマウスピース矯正装置が、有効だとされています。後戻りは極度に歯並びが悪くなるわけではなく、軽度の状態である場合が多いため、また、患者さんが「またワイヤーを付けたくない」との想いがあるため、マウスピースの適応となることがあります。

4.前歯2本のすきっ歯のケース

前歯2本のすきっ歯のケース

前歯2本のスキマが空いているケースは、ご相談内容として多いケースです。右の写真のケースであれば、ワイヤーブラケットかマウスピースを用いての適応となります。

5.軽度のでこぼこケース

軽度のでこぼこケース

奥歯の咬み合わせに問題がなく、前歯だけが軽度のでこぼこ・ガタガタのケースは、部分矯正が有効です。
特に下顎(したあご)の歯の動きは早く、右の写真のようになるべく目立たない透明な装置を使います。。

6.全体的な歯列矯正に時間がとれない方

.全体的な歯列矯正に時間がとれない方

これは、お口の状態ではなく、患者さんの意向からの観点になりますが、「海外出張や結婚を控えて」、などで時間がとれない方は、比較的、治療期間の短い部分矯正が有効です。

以上、部分矯正は、お口の状態だけの判断ではなく、患者様の希望や要望で、適応するかどうかも重要なポイントです。

ただやみくもに、早いから、安いから、…ではく、自分にとってどんな治療方法が最適なのかを、他の治療方法(例えば、全体で行う矯正治療、審美治療など)と照らしあわせた上で、ドクターと相談しながら決めていくのがよいでしょう。さまざまな歯科医師の考え・診断を受ける(最低2~3医院)のが、治療を決める判断材料にもなります。

ページの先頭へ戻る