治療の流れ

診査・診断

部分矯正を始める前には必ず計画を立てます。そのために必要な検査を行い、治療前の状態を記録し、治療中の歯の移動状態を把握します。検査の内容は、歯や歯茎の状態、顎のレントゲン、口の中と顔の写真、歯型などの記録とチェックです。

治療方法の決定

診査・診断が終わりましたら、その結果に基づいた治療計画を担当のドクターから説明を受けます。ケースによっては、複数の部分矯正の方法が提案されますので、費用や治療期間などを考慮し、担当ドクターと十分に話し合い治療方法を決定します。

*診査・診断の段階で虫歯や歯周病などの治療が必要と判断されたら、部分矯正の前に治療を行う必要がある場合があります。

矯正装置のセット

治療方法に応じたワイヤー装置、もしくは透明なマウスピース装置等が装着されます。

矯正装置の調整

装置をセットしたら、歯の移動状況にあわせ、2週間~1ヶ月に1回ぐらいのペースで矯正装置の調整を行います。

部分矯正の終了

歯が当初予定していた位置へ移動できたら、矯正装置を外します。
また、矯正直後の歯は、元の位置へ戻ろうとしますので、後戻り防止の保定装置をセットします。

定期的なチェックとメンテナンス

部分矯正で手に入れた綺麗な歯並びを維持するためにも、定期的なチェックや歯のクリーニングなどによるお口のメンテナンスをお勧めします。

ページの先頭へ戻る