部分矯正以外の治療方法 セラミック矯正(ラミネートベニア・オールセラミッククラウン)

部分的に歯並びを直す方法として、部分矯正以外に考えられる治療方法は、審美歯科治療(セラミック治療)になります。「より短期間で歯並びを直したい場合」「重度の出っ歯・でこぼこの歯並びではあるが従来の全体矯正歯科治療は望まない」などといった場合に有効な治療方法です。

セラミックを使う方法として、ラミネートベニアやオールセラミッククラウンがあげられます。

ラミネートベニア法

ラミネートベニア前歯に隙間があって気になる、少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適している治療が、ラミネートベニア法です。

歯並びを整えるだけでなく、「歯の色が気になる」「前歯の形をもう少しバランスよくしたい」などデザイン性や質感なども同時に改善できるというメリットがあります(歯科医師と技工士の技量も関係します)。

歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。歯へのダメージも最小限であり、仕上がりもごく自然に出来上がります。ホワイトニングと比較して、治療後の変色や着色もほとんどありません。

ラミネートベニア

オールセラミッククラウン

ラミネートベニアオールセラミッククラウンは、アルミナ素材、ジルコニア素材、無機ガラスと有機ガラスを混合させたハイブリット素材などを用いて制作されます。一般的に差し歯と呼ばれる方法ですが、今現在では治療方法の技術向上とセラミックの材料の質の向上により、天然の歯と区別の付かない冠歯を製作することが可能となりました。

いずれもセラミックを利用することで、時間が経っても保険の差し歯比べて色がくすむことはありません。弾性率も天然の歯に近いため、咬み合う歯にも優しい材料です。

オールセラミッククラウン

ページの先頭へ戻る