部分矯正とは
矯正歯科ブラケット

部分矯正とは、部分的に移動させたい歯だけを狙い、目的に応じて歯並びの不具合を改善する治療方法です。MTM(Minor Tooth Movement)、限局矯正、小矯正とも呼ばれる矯正方法です。ピンポイントに目的に応じて矯正治療を行なう方法です。

ブラケットと呼ばれるワイヤーを部分的に使用したり、それに抵抗のある患者様は透明なマウスピースの装置を使って治していく方法もあります。

治療期間は、比較的短期間で行うことができ、通常の全体的に行う矯正が約2年なのに対し、部分矯正は約3~6ヶ月くらいで行うことができます(個人差はあります)。

特に前歯に関しては、奥歯に比べると移動しやすく、かみ合わせの調整もあまり時間を要しませんので、比較的早く治療が終了します。

対象となるお口の状態は、主に、前歯のちょっとした凹凸を治したい、ちょっとしたすきっ歯を治したい等のケースに有効になる場合が多く、重度のガタガタの歯並びや八重歯、出っ歯などには適さない場合があります(状態により、抜歯後に部分矯正を併用といった場合もある)。

部分矯正はその名の通り全体的におこなう矯正治療よりも短い期間で、費用も安く治療本数にもよりますが、10~20万程度で行うことができます。お口の状態により、難しい場合もあります。

部分矯正で使用する装置

部分矯正で用いられる器具や装置は、主に以下のようなものがあります。患者さまのお口の状態(症状)により、これらを併用したり、セラミック治療のような審美治療と併せて治療を行います。

ブラケット(ワイヤー)を部分的に使用する

表側の矯正

表側の装置

表側に通常の歯列矯正で使う全体的な矯正と同じワイヤーを、部分的に使用します。上顎、下顎に使用します。

裏側の装置(舌側矯正)

裏側の装置(舌側矯正)

裏側に通常の歯列矯正で使う全体的な矯正と同じワイヤーを、部分的に使用します。上顎、下顎に使用します。

マウスピースを使用する

マウスピース矯正装置透明なマウスピースタイプの矯正装置を使って行います。
主なメーカーとして、インビザラインやASOアライナーなどがあります。

床矯正装置を使用する

床矯正装置取り外しのできる矯正装置の1つで、レジン床と金属線で作られる入れ歯のような形をしたものです。前歯のスペースを広げたい場合(前歯を入れるスペースを作りたい場合)にワイヤー矯正と併用して使用されることがあります。

インプラント矯正(ピンを固定元にして)を使用する

インプラント矯正矯正用のインプラントを顎の骨に埋入し、そこを支点にして歯を移動させる矯正方法です。埋入時や撤去時の侵襲もほとんどありません。このインプラント矯正は、それ単体で歯列矯正を行うのではなく、ワイヤーの矯正装置(ブラケット)と併用して歯の動きを早める矯正方法の一つです。

ページの先頭へ戻る